最新情報

2014年12月3日少年コミック
進撃の巨人
2014年11月12日少女コミック
花ざかりの君たちへ
2014年11月4日青年コミック
ブラックジャックによろしく
2014年10月21日未分類
きのう何食べた
2014年10月11日BL
うそつき

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

進撃の巨人

「巨人」という存在に滅ぼされかけた人類は、50メートルにも上る城壁を3重にも築き、そこから長い間、何とか繁栄を保っていた。
しかし物語の主人公、エレンは、そんな家畜の様な人類の生き方に納得が行かず、常に周りとぶつかり、やがて兵役の中でも最も危険な「調査兵団」に志願する事を志す。
そんな矢先、これまで一度も現れなかった60メールにも上る巨人が現れ、100年破られなかった城壁は破壊され、最後の都市である内の1/3が破壊されてしまう。
再び人類の滅亡に追い込まれる人類の運命は──。

未完結にも関わらずアニメ化や外伝作品の登場など、猛烈な人気を誇った、漫画界の原石と歌われた作品。
常に繰り出される鬼気迫る雰囲気や予測出来ない展開に、一度読めばまさしく目が離せません。
まともに挑んでも歯が立たない巨人相手に絶望や仲間への不信感等が行き来しつつも、逆転の策を披露し苦境を抜け出すシーン等、これまでのヒット作には無い人間の弱い部分が良く織り交ぜられています。
重い雰囲気の漫画が好きいう方には勿論、あらゆる層にお勧めできる内容です。

タグ

2014年12月3日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:少年コミック

花ざかりの君たちへ

帰国子女の女の子、芦屋瑞稀には憧れの人がいた。
憧れのハイジャンパーである佐野泉に会いたい一心で一人、アメリカから帰国。
佐野が通う私立の男子校に男装してなんとか入学を果たす。
佐野と同じクラス、寮でも相部屋になり念願叶った瑞稀だったが、佐野は思い描いた人物と少し違っていて…?
個性的な男子に囲まれた楽しい寮生活。
自己紹介の最中には胸を触られ…果たして瑞稀はやっていけるのか。
ハイジャンパーをやめていた佐野、どうする瑞稀…?

男子校に潜入した女の子の青春を描いた、瑞稀の頑張りに心惹かれる作品。
ハプニングの連続でドキドキしながら楽しめる漫画。
女の子が男子校に潜入するなんてありえない状況だからこそ、様々なことが想像できて楽しい。

現実にないことだから、ワクワク・ドキドキ読むことが出来る。
徐々に距離を縮めていく瑞稀と佐野の関係にも注目!笑いあり、誤解あり、感動あり!!
高校生の青春を描いたドラマ化もされている有名漫画。

ぜひ多くの人に読んでほしい漫画ですね。

タグ

2014年11月12日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:少女コミック

ブラックジャックによろしく

斉藤英二郎、研修医。各診療科に配属され、医療の技術や知識を学ぶ中で、現代医療の抱える様々な問題に直面し、医療とは?医者とは?と自分に、人に問いかけながら成長していく物語。

何かが違う、と思ったことを見過ごしにできず、時に医者としての領域をはみ出し、時に病院に楯突き、時に自分の過ちに苛まれ。自分の信じたことを貫こうとする姿は、頼もしくも危うくもある。妥協という言葉はなく、曲げない、折れない。でも求める答えはそうそう見つからない。

現代医療の現実や、タブー等、読んでいて恐ろしくなることも多い。医療を受ける側として、悔しさややりきれなさを感じる場面もたくさんある。そんな中で、ひたむきに「自分は医者として患者のために何ができるか」を考えていく斉藤に、少しホッとする(やり過ぎだったり、違うんじゃない?と思うこともあるけれど)。

台風のような存在として、いろんな人を巻き込みながら、秩序を踏みあらしながら、自分も傷つきながら、それでも人の生と死に立ち向かい続ける斉藤から目が離せない。

タグ

2014年11月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:青年コミック

きのう何食べた

若い外見をしている弁護士の筧 史郎と同居人のサービス精神が良い美容師の矢吹賢二
2LDKに住む男二人を描いた一冊

そして、二人は美形な顔だが…実はゲイのカップル
このゲイのカップルだという事が筧の両親からすればどう見えるのか?

40歳のゲイカップルの日常生活をお楽しみくださいませ。

今回はBLが半分とに日常が半分のミックス作品です。
男と男が暮らしいるとか、遊んでいるとこは見たことありますけど。

ここまでのゲイは見たことありませんね。
(もし現実で見ていたら、私は、今ごろ唖然ですよ)

それは置いといてと…
節約生活、トイレットペーパーは1ミリだけよ。

玉ねぎ2つで150円
アスパラ1つで98円
「失敗した、アッチのほうが安い」
こんな事ありませんか?

ちょっと料理で節約してみたい人
私は金欠でこれから節約ダイエットをするわ

そんな方、是非「きのう何食べた?」してみてください。
きっとこの漫画に描いてありますよ。

タグ

2014年10月21日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

うそつき

高速道路サービスエリアの甘栗を売っている販売員誠と運送業を営んでいる輝夫の二人の青年の恋愛小説

そして…バイク便で働く修平とその恋人克美のストーリー

2つのカップルの小説をおためしあれ

私も数年前まで高速道路のサービスエリアの飲食コーナーで働いていました。

運送業、バスの運転手なんていう男性の方が多かったですね

運送業の人って結構ガッチリした顔や怖い顔してますけど、結構面白い人や優しい人が多いんですよ。

そして必ず「ラーメンとカレーライス」「定食とうどん」なんていう注文が多かったですね。

(私には信じられない量を食べていくんですよ、無理ですね私にはこんな量は入りません)

こんな人も多かったですよ「毎日ここにきて同じものを頼む常連客」

でも今回のような男性の姿は見たことありませんね

(まだ小説だからホットしますけど、現実をみたら唖然かもしれませんね)

タグ

2014年10月11日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:BL

潔く柔く

少しエッチな若妻を・・・

幼馴染のハルタを交通事故で亡くしたことから心を閉ざしたカンナが再生していくまでの話がメインのオムニバス形式のラブストーリーです。

いくえみ綾先生の作品はモノローグが少なく、読者の脳内で補完しなければならない余白がかなりあり、そのたびにいろいろなことを深く考えさせられます。
また少ないセリフのなかにも核心を突いた心に刺さる名言もあります。

個人的には「プライド?それ、食えんの?」というセリフには参りました。

いくえみ男子と呼ばれる魅力的な男性陣が登場しますが、キヨ以外は皆やや素直ではなくわかりづらい難しいタイプの人が多いです。
そのなかでも梶間の「仮面が剥がれた」瞬間は本当によいシーンでした。

全編通してもあれほどのカタルシスはなかなかないです。
カンナの心の闇が深すぎてじれったくなることもあるのですが、トラウマは同じ傷を負った者でしか救えないのかもしれません。

答えのでない人生の命題のようなものを考える機会を与えてくれる稀有な作品です。

タグ

2014年10月6日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:少女コミック

好きっていいなよ。

16年間友達も彼氏もいない橘めいと学校一のモテ男黒沢大和がひょんなことから出会い、恋をするおはなしです。

人間不信だっためいちゃんが少しづつ周囲に心を開き、成長していく姿がたまりません。
めいちゃんの素直になりきれずツンデレな感じになってしまうのも共感できます。

また大和が一途なのも清清しくていいです。

あと人がいいのはいいのだけど、あんなに無防備にすべてのひと(女子も含む)に優しいと、めいちゃんも不安が募るのも無理ないな、とも思います。

絵は正直好みではないのですが、こうしたボーイ・ミーツ・ガール的な話に加え、他の登場人物もそれぞれに抱えているものがあったりと、盛りだくさんな群像劇になっており、読んでいて飽きません。
特に10巻はめいちゃんが母親や大和との関係をぐっと進歩させるすばらしい巻で感動しました。

アニメ化に加え、実写映画化もされ、勢いのある作品になってきたので、この先どのようなオチで着地するのか非常に楽しみです。

タグ

2014年9月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:少女コミック

不安ガール

気にしすぎ、考えすぎなOLが毎日何を思っているのかをえんえんと描いたブログのような漫画です。

さっぱりした人がうらやましく、独り言をいうにも、仕事中みんなが独り言をいうのは密かにこういう効果を狙っているからなんだろうかと考えたり、対面から人が歩いてきたとき何故自分ばかりがよけなくちゃいけないのか考えたり。
こういう人間心理はとてもよくわかるな、友達にたまにいるなと思いながら、もし仕事の同僚だったら大変だなあと思います。

なによりご本人に、もう少し楽にしたらどうですかといいたくなるのですが、不安というか神経が過敏な人って、好きで楽じゃなくしてるわけじゃないんですよね。
本人の意図に関わらず、どうしよう、どうしようと、枯れない温泉のように気になることが沸いてきて決して振り切れない。
それがどのようにそうなのかが非常によくわかります。

位置づけとしては普通の女性用漫画ですが、メンタルヘルスのプロの人にはぜひ読んで欲しい一冊です。

タグ

2014年9月17日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:青年コミック

うしおととら

あらすじ

簡単に記しますと、日本を滅ぼそうとする巨大な妖怪:白面(九尾の狐)とそれに対抗する少年『潮』と妖怪『とら』の戦いのお話です。

感想

いわゆるバトルマンガの基本を、そして少年マンガの基本も抑えた、とても面白いマンガでした。

少年:潮に協力する妖怪とらは、『白面を倒したらお前(潮)を食ってやる』が口癖の、今風の表現で言えばツンデレライバルの典型ですし、物語の終盤、一時的に結集しかけた味方の妖怪達が白面の奸計により、離散してしまうのも話の展開では定番だと思います。

それでも、最後の最後、常に希望を捨てない潮の言葉に励まされた多くの人々、妖怪達がその力の全てを結集して白面との戦いへ挑む展開はとても面白いと思いました。

また、その展開の中、かつて様々な事情で人外のモノ(幽霊、化物)へと堕ちてしまった人の親達が、娘の危機に駆けつけて、その身を投げ打ってでも助けるその様は、やや大げさですが涙無くしては読めないシーンでした。

タグ

2014年9月8日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:少年コミック

視えるんです

霊感のある著者:伊藤三巳華さんによって書かれた実話体験談マンガです。

よくレビューサイトに書かれていますが、絵柄がとても可愛らしくて読みやすいです。
いまのところ全3巻と、既出のものをまとめなおした総集編のようなおまけの一巻が出ています。

霊感に関しては半信半疑な人でも、これは霊って本当にいるのかもしれないと思わせるような漫画です。
少なくとも「霊」がいるのかは確信が持てなくても、いわゆる「霊感」というものがある人にとっては世界がこう見えているんだというのは、大変興味深いです。
もしかして脚色があるのかもしれませんが、複数の霊感がある人どうしが同じ霊を見たりする場面は妙な信憑性があります。

他の心霊系の漫画は、恐怖心をエンターテイメントに変えるような作りになっていることが多いですが、何かもう少し霊と同目線で(?)描かれたような親しみやすさがあって、怖いんだけど霊も人の心を持っているんだなというような暖かみがあります。

読んだ後にほんわか癒される霊感漫画、というのは今までなかったかも。
よく売れているようですがそれも納得です。

タグ

2014年8月30日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:少年コミック

このページの先頭へ